注目の投稿

ありがとうございました。

こんにちはヾ(o´∀`o)ノ アシスタントの山本です 12月に入りましたね。 朝晩とっても、寒くなりました(>_< ) 風邪やインフルエンザが流行る季節…みなさま、体調には、十分お 気をつけください 今年のブログの担当は、今回が最後… 今年を振り返り、年...

2015年9月14日月曜日

進化している部分入れ歯

   


  こんにちは、 院長の中島です。

今日は部分入れ歯について書いてみようと思います。

色々な原因で歯を失ってしまった時には、 そこに失ってしまった歯の
代わりになるように噛み合わせをつけるのが一般的ですね。

現在、噛み合わせを再現する方法としては


                      1  インプラント


                     2 ブリッジ


                 そして今回お話する“入れ歯”   があります。


上下どちらかの顎に歯が1本もない場合の入れ歯は  “総入れ歯”  と言い
ご自身の歯が残っている顎にする入れ歯が、今回お話する “部分入れ歯”
となります。

それぞれの方法にメリット デメリットがあるのですが、入れ歯(部分入れ歯)
の場合は比較的身近な治療方法で、

   入れ歯を作るために歯をほとんと削らなくてよかったり、  
比較的出来上がるのが早かったりします。

患者さんにとってはストレスの少ない治療で作ることが出来ます。


しかし一方、


           部分入れ歯のバネが目立ってしまう
          食べカスが歯ぐきと入れ歯の間に入ってしまう
         カタカタと安定しない

など気になる部分もあります。


  とくに部分入れ歯の場合だと、入れ歯をおさえるための “バネ”は
 目立ちますし、気になるところだと思います。


下あごの糸切り歯にバネがかかっています。


特に前歯にバネがかかるような部分入れ歯だと、
「思いっきり笑えない」とか、「おおきく口を開けてカラオケが歌えない」

なんて方もいるようです。


でも、最近は  “バネなし入れ歯” というのがあるのをご存知ですか?

正確に言うと、 バネの代わりに目立たない材質のものを使う   入れ歯なのです。


これが、バネの無い入れ歯! バネの部分が入れ歯と同じ材質で出来ています。


さあ、これをお口の中に入れて見るとどんな感じでしょうか?


こんな感じです。
どこに入っているか分かりますか??


奥から2番目の所にはいっています。


さきほどの入れ歯も


 

このような感じになります!



当医院でも沢山お作りして患者さまにお使いいただいておりますが、
非常に 薄く仕上がり、割れたりする事はありません。

また、金属のバネで出来た入れ歯だと、どうしてもバネのかかる歯と入れ歯の部分に
隙間ができてしまうので、そこから食べカスが入りやすいんですよね。

その点でも、このバネなし入れ歯は隙間が無いので食べカスも入りづらく
フィット感も良いと評判です。

いかがですか?

入れ歯も随分と進化しているでしょ?

詳しいお話を聞きたい方は是非当医院にご連絡くださいね。